Pe tite
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
”好き”
お友達には色んな子がいて
こどもながらに、
結構きつい言葉を浴びせてくる子もいるんだな
三女は、それを受け止めながら、受け流すすべを自ずから学びました。

一時の感情で、平気で相手を傷つける・・・
小さい子の言葉はストレートすぎるほどストレート
(どうしてこんなこというんだろう)とっても悲しそうに話す娘

ひどいことを言われてもやっぱりその子が好きだから
嫌いにはなりたくないよね。

好きな子は多いほうがいい
好きになってくれる子も多いほうがいい
そのほうが、毎日楽しいよ。

どうしたらいい?わかるよね。

自分が受けた悲しみを 人に返しちゃいけないね
他の人にも与えちゃいけないね

あなたには、一緒の痛みを知っている優しい友達がいるから
二人で、「チクチク言葉なんて あっちいけー」って
笑い飛ばしちゃえ

そのうち、その子もわかるはず
仲良しだからって 人を傷つけてはいけないんだって
本当はあなたたちのこと 大好きなんだから




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。