Pe tite
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
合唱コンクール
年に一度
駅前のホールを借り切っての合唱コンクール
中学生といえば、何かと大人に反発しだす年頃です。
力を合わせて何かをやる・・
そんなこと今の若い子達、できるのかしら???
なんて感じていました。

でも・・・、
みんなものすごく一生懸命でした。
ホールの一番後ろで聞いていたんだけれど
みんなの歌声がひとつになってとても綺麗でした。


巷ではいじめによる自殺が社会問題となっています。
おそらく、この生徒たちの間でも大なり小なりいじめは、あると思う。
ない学校なんてないでしょう。
私たちの時代でもやはり、ありましたから・・・。

それが、自殺につながるようなエスカレートしたものであったり
仲間内だけの無視が、クラス全体の無視に広がったり・・
陰湿さの度合いは大きくなっているのかもしれません。
そして、受ける側の子どもたちも・・・
相談できる友達、大人がいなかったり・・・
生きる世界はここだけじゃない・・そう気づくことができなくて
どこにも行き場がなく死を選ばざるを得ない状況にまで陥ってる

いじめる側は、その人数が増えることにより、責任の重さが分散されていく(いじめているのは私だけじゃない・・・と)
でも、いじめられる側は人数が増えれば増えるほど、痛み、苦しみは倍増していく。
そのことに気づかないと。
大人は見て見ぬふりをしちゃいけない。
特にこの年頃の子どもたちには、うるさがられようと、積極的に関わっていかなければ、見ていかなければと思います。

DSCF1748-r.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。