Pe tite
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
”好き”
お友達には色んな子がいて
こどもながらに、
結構きつい言葉を浴びせてくる子もいるんだな
三女は、それを受け止めながら、受け流すすべを自ずから学びました。

一時の感情で、平気で相手を傷つける・・・
小さい子の言葉はストレートすぎるほどストレート
(どうしてこんなこというんだろう)とっても悲しそうに話す娘

ひどいことを言われてもやっぱりその子が好きだから
嫌いにはなりたくないよね。

好きな子は多いほうがいい
好きになってくれる子も多いほうがいい
そのほうが、毎日楽しいよ。

どうしたらいい?わかるよね。

自分が受けた悲しみを 人に返しちゃいけないね
他の人にも与えちゃいけないね

あなたには、一緒の痛みを知っている優しい友達がいるから
二人で、「チクチク言葉なんて あっちいけー」って
笑い飛ばしちゃえ

そのうち、その子もわかるはず
仲良しだからって 人を傷つけてはいけないんだって
本当はあなたたちのこと 大好きなんだから




スポンサーサイト
明日に架ける橋
近くの川に新しい橋ができ、今日その渡り初めに子どもたちは参加してきました。
暗い事件の直後だけに、延期になるかと思いましたが、「行事はきちんとやりましょう」とのことで決行されました。
朝から大雨でしたが、子どもたちが出発するときには見事に晴れ上がり大きな橋を全校生徒で渡りました。
4年6年は、橋の向こうまで、他の学年は途中まで
そして、橋の上でお弁当を食べて学年ごとになわとびをしたり、ダンスをしたり・・・。
いつもどおりの元気な子どもたちの笑顔にほっとしました。

DSCF1594-r.jpg

DSCF1591-r.jpg


大きな橋を力強く渡って
大きな気持ちで、また明日からがんばって・・・
不信感
人にはいろんな面があり、表に出ているのはその人のほんの一部分であることが多い。
時間をかけて、知れば知るほど(この人にはこんな一面もあったんだ)そう気づき、あらためて人間というものの深さを知る。

今日子どもたちの通う学校で事件があった。
それは、こどもたちが直接には関係のない事件ではあるけれど
信じるべき人に裏切られた・・・そのこころの傷は大きい。
その裏切りは、正直なところ「まさか」ではなく、「やっぱり」という感じで、だからこそ、許しがたい気がする。
もっと早くなんとかならなかったのか・・・。

結局一面しか、見えていなかったのだろう。
まじめで、一生懸命な一面しか
心の奥底の悪魔が潜んでいたことを見抜けなかったのか・・。
そういう意味では、学校に対して不信感もないとは言えない。

信じたい!
でも、信じられない大人が多すぎる
今の子どもたちはそんな気持ちを抱えながら
大きくならなければいけないのだろうか

HAPPY BIRTHDAY
早いもので、長女も14歳です。
靴のサイズも抜かれ・・・
身長も抜かれ・・・
態度もでかくなり
言うことも的を得てきて
もうしっかり"大人"です。

でも、お誕生日のお祝いに
妹たちからプレゼントもらって ケーキも食べて
大騒ぎして、うれしそうにしている姿はまだまだかわいい子どもです。

ゆっくり、ゆっくりでいいでねー

デビュー戦
今日は県民スポーツ祭の予選大会
6年生は県大会のかかった大切な試合でした。

次女と三女は5年以下チーム、四年以下チームで出場。
こちらのほうは交流試合ということで、緊張感ありながらも、上級生の試合に比べるとなごやかな雰囲気でした。
三女にとってはバレーボールでの試合出場は初めて。
でも、なかなか堂々としたものでしたよ。
サーブは入らなかったけれど、身体張ってしっかりレシーブはしてました。うんうん、よくがんばった。
次女も五年生チームに入れてもらい、初めてのセンターというポジションについて、精一杯やりました。失敗すると落ち込んじゃうけど・・・でもずいぶんうまくなったと思います。

隣のコートで六年生チームの応援をしながら、緊迫感をともに味わいました。小学生といいながら、厳しい監督の叱咤激励を身体全体で受けて、なんだか胸が詰まりました。
勝ちたい気持ちが強くて、でも、残念ながら優勝できなくて
悔しくてみんな泣いていました。2位でもすばらしい試合だったよ!!
六年生はあと残り数試合
ちびたちも色んなことを吸収して・・・
さまざまな困難に打ち克つ強い心が育てば良いなあと思います。



DSCF1572-r.jpg

体育祭
長女の中学の体育祭でした。
去年は初々しいという感じでしたが・・・
なんだかねー
ちょっとねー・・・
身体も大きくなって可愛げがないわぁ
(あたりまえか)
でも、中学生だけあって迫力がありました。
応援合戦なんかは縦割りなので、すごくかっこよかったあ
リレーで、久しぶりに長女の走る姿を見ましたが
なかなか様になってたわー
運動苦手とかいいながら、結構がんばってたやん。

おつかれさま。



DSCF1569-r.jpg

待ち焦がれて・・・
待望のnavy&ivoryの新曲です。
またまた優しく暖かいバラードです。

初回限定版には、あの名曲「指輪」とこの新曲「ねえ」のミュージッククリップもついていて超おトク
この人たちの"歌"って何度も何度も・・
聞けば聞くほどどんどん引き込まれていくんですよね。
派手なサビがあるわけでもないんだけど
だからかな・・・

DSCF1564-r.jpg

ありがとう
今日は敬老の日
「おじいちゃん、おばあちゃんの日」
だから、贈り物もお手紙も子どもたち担当。
それぞれとってもユニークなお手紙を書いて贈りました。

私の両親も夫の両親もとても元気。
電話の向こうの声もいつも明るくて・・・
だからこそ、私たちもこうやって離れて暮らすこともできるのです。

「家族は離れて暮らしちゃいけない」
転勤が決まったときそういって私たちを笑顔で送り出してくれた両親。
あれからもう9年が経ちました。
両方の両親とも70歳を過ぎました。
元気でいてくれるけれど、やっぱり心配なこともいろいろあります。
でも、『大丈夫』その言葉に今は甘えさせてもらっています。
元気でいてくれてありがとう


そして、私は大好きだった祖母の写真をみながら、元気だった頃を偲びます。私は祖母とのたくさんの想い出があって幸せだなあ・・・
子どもたちにも、同じようにたくさんの想い出が残るように
両親にも元気でいてもらわなきゃね
自由参観日
『いつでも授業を見に来てください』
水曜から金曜まで小学校の学校開放日です。
こういう参観会は普段の指定された時間の参観日と違い参観者はまばらです。
先生も力入ってなくて、子どもたちも通常通りって感じで・・・
一番自然な状態を見ることができます。

授業云々より気になるのは、子どもたちの姿勢そして、言葉遣い。
よくないなー・・・。

昨日の新聞にも書かれていた「小学生暴力急増」と。
記事によると、
子どもたちと教師の立場は逆転していて教師が物申せなくなっている傾向にあるとか。

うちの学校は決して荒れているわけではありません。
ごく普通の田舎ののんびりとした学校で・・・
それでも、教師を教師と思わない態度を取る子どもたちは増えているように感じます。

中学になるともっとその傾向が強くなります。

おそらく親である私たち世代の責任です。

情報過多による迷い、
皆と同じでなければ不安・・・
ああしてはいけない、こうしてはいけない・・・
でも、じゃあどうすれば・・・?
悩みが解決できなくても、時は止まっていてはくれない。
答えが出ないまま、途方にくれる

そして、子どもたちだけは時間の歯車にのってどんどん忙しくなり
遊ぶ時間も、友達のことを考える時間も
心の余裕もなくなっていく。

どうすれば・・・なんて、答えは見つからない。
でも、何もしないでいいわけじゃない。

親として、大人として 今できることをしてあげなければ。
自分の子どもだけでなく 今目の手の届くところの範囲でいいから
子どもたちに目をかけて 手をかけて 心をかけて
根気よく あきらめないで
手遅れになる前に・・・・・・・・・。

そんな風に思います。

マッサージ
最近子どもたちは部活やら運動会の練習やら続きで、それぞれ身体がお疲れのようです。
お風呂上りの就寝前
テレビをみながらねっころがってマッサージ
おたがいに おたがいに

疲れたからだがほぐされるとともに
とんがった心もほぐされるようで
ご機嫌斜めなお嬢も、いつのまにやら口数が多くなります。

子どもたちが大きくなって
抱きしめる機会もずいぶん減りました。
でも、こうやって子どもたちの身体に触れることでも
心の絆紡ぎ続けるのかもしれませんね。

短気は損気
小さい頃からずっと私の周りについて回る言葉
いまだに・・・
いまだに

相手が大人だとさすがに我慢できるけど
自分の子どもだと
即座に「言葉の矢」を飛ばしてしまう。
そして、必ず後悔する
「大人気ない」

そう我が家で一番「大人気なく」て「しんぼうできない」のは私だ
口から機関銃のように飛び出す言葉
我に返って、みんなから白い視線を浴びる・・・んだなあ最近
で、自己嫌悪

「腹が立ったら十まで数えよ
  うんと腹がたったら百まで数えよ」
昔教えられた言葉、思い出したよー




タイムカプセル
諸事情でのびのびになっていた三女たちが用意したタイムカプセルをやっと今日埋めることができました。
長かったー。
これで、今度こそ、私の幼稚園でのお仕事は終了です。
卒園して半年
子どもたちの成長振り・・・先生方に見てもらえたかしら?
あんまり変わっていないような気もしたけど。

隣の敷地
いつでも、行ける距離ながら
それでも、卒園したという意識があるためか
それとも他に理由があるのかあまり遊びに行っていないようです。

子どもたちが二十歳になったとき、もう一度ここに集まります。
でも・・・
うちの子はどうするかな?
地元じゃないからなあ・・・。
誰も、覚えていてくれないかもしれないなあ・・・。
旅立ち
滋賀から甥っ子姪っ子があそびにきてくれました。
科学館、航空自衛隊、そして海亀の放流・・・。
二年ぶりにまた海亀の放流に参加しました。
前回に比べ、参加者も多かったことと孵化の状態とでひとり一匹ずつとはいかなかったけれども、海亀を海に返すお手伝いをしてきました。

これから、彼らは大海原、自分の力だけで生きていきます。
生まれたばかりなのに、もう旅立ち。
親は何の手助けもしてあげません。
うーん、厳しいなあ・・・。
それでも、ちゃんとがんばって生きていくんだから
命を粗末にしちゃいけないよね。
人の命も自分の命も・・・。
かめが一生懸命歩く姿を見ながら思いました。

DSCF1543-r.jpg


DSCF1548-r.jpg


あぢぢ・・・
なんなんでしょうこの暑さ
いったん涼しくなってからぶり返すなんて反則だわー
おかげでぐったりです。
子どもたちも学校から帰ってきたら
服は汗でドボドボだわ、汗臭いわ・・・。
あーやだやだ
暦では白露だというのに、ねえ。

昨日とあるテレビ番組で紹介されていたスィーツ
子どもたちが食べたい食べたいというので
買って来ました。久しぶりー
パステルのなめらかプリンどすえ
DSCF1509-r.jpg

自分の居場所
私って何だろう
私の生きている意味って・・・
私の存在って・・・
時々自分を見失うことがあります。
自分が透明人間みたいに思えて・・・。

私の居場所を探してみました
DSCF1497-r.jpg


DSCF1498-r.jpg


DSCF1501-r.jpg


ちゃんとあった私の場所
なんだかほっとしました・・・(^_^)
メール連絡網システム
長女の通う中学で、メール連絡網システムなるものが導入され二学期からスタートしました。不審者情報その他中学からの連絡が、メールで送られてくるというのです。
今日その第一号が送られてきましたがその内容が
「明日は持参米飯の日です。忘れずに米飯を持たせてください・・・。」
って・・・なんだか小学校みたいやん・・・
まあ、他にも、体育祭の連絡なんかもあったんだけどね。
でも、中学生になると
書類を親に渡さない、学校のことを話さない・・・なんてざらだそうで、それを思うと、こんな小さなお知らせでも、「あら、そうなの?」って助かる親もいるんだろうなぁ・・・。
書類をもらっていても忘れん某の私にもありがたい話ではあるけれど。
明日は米飯。
忘れないようにしないとね。
秋の空
今日の夕陽はものすごく、ものすごくきれいでした。
なんともいえない淡い色
写真にとって見たけれどやっぱり違うんだなあ・・。

秋の空が一番好き(*^^)v
二学期のはじまりはじまり
新しいスタートというのに
今朝はものすごい雨でした。
登校したときにはきっとびしょぬれね。
新学期早々大変です。

そして、久しぶりの一人時間。
とりあえず、のんのバレーシューズバックを作りました。
久しぶりにミシン稼動
またものづくり熱が上がるかもねDSCF1481-r.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。